治験臨床アルバイト

プロアクティブでも治りませんでした。

あの有名なプロアクティブでも治りませんでした。

 

そう、私もあのニキビに悩ませられてきたひとりです

 

思春期のニキビ、とても苦しみました。

 

そして、当時はニキビは、思春期が終わればニキビはほとんど治る

 

そう思い込んでいました。。。

 

 

 

 

違いました

 

大人になってからでも、息をひそめていて

 

いきなり出てきます。困ります、鼻の穴とか見えないところにまで

 

発生することもあります。

 

 

 

 

このニキビのウザさは、私以外にも多くの人が悩まれていると思います。

 

ニキビの知識

 

ニキビが多い人なら、ニキビができる原因は知っていると思いますが、

 

ここで、「なぜニキビができるのか?」について話したいとおもいます。

 

 

 

 

 

ニキビができる原因は1つではなく、何個かありそうです。

 

ホルモンバランスの乱れ、食生活、内蔵障害、ストレスなどがあります

 

そしてニキビができる場所によって原因が異なると言われています。

 

ニキビができる場所別原因について解説していきます

 

おでこ

 

「シャンプー、リンスの洗い残し」

 

多くの人がやってしまうのは、すすぎをおろそかにしてしまうことです。

 

シャンプー、リンスを洗い残してしまうと毛穴をふさいでしまうので、

 

皮質が外に出られなくなります、これが原因でニキビができるのです

 

洗髪はもちろん丁寧にやりますが、すすぎにも時間をかけてしっかりと洗い流すことが大切です。

 

前髪のよごれ

 

前髪を垂らしている人は、常におでこや生え際に髪の毛が触れています、

 

それが刺激になってニキビができることがあります。

 

おでこによくニキビができる人は、前髪を短くしてみたり

 

前髪をあげてみたり工夫することで、防ぐことができます。

 

首、あご

 

首、あご

 

この部分は男性ホルモンの感受性が高いと言われていますので

 

ホルモンバランスが乱れることにより、ニキビが出やすくなります。

 

他には、エアコンのによる乾燥が原因でニキビができることもあるそうです

 

口周り

 

口周りのニキビの原因は

 

食べ過ぎ、ビタミンの不足、胃腸トラブル

 

が考えられます。

 

炭水化物のとりすぎや糖質のとりすぎには注意しましょう。

 

 

 

 

 

このようにニキビの場所別原因をあげましたが、

 

では具体的にどうすればいいか?

 

特に食事面においては、ニキビと大きく関係してくるので

 

どんな食事をたべたほうがいいか?

 

説明します。

 

 

食事に気をつけろ

 

先にニキビができやすい食べ物は

 

「油っこいもの」「甘すぎる食べ物」

 

この2つが代表的です、油っこいものも、甘い食べ物も

 

絶対食べてはいけないわけではありません。いけないのは食べ過ぎです。

 

大好きなひとも多い「チョコレート」は食べたらニキビができると言われたいましたが、

 

正直、科学的な根拠はないと言われています。

 

 

 

 

では、どんな食べ物を摂取していけばニキビがなくなっていくのか?

 

代表的なのは「ビタミン」です。「ビタミン」は肌に良いと言われています。

 

例えば、お肉でしたらレバーにはビタミンが多く含まれているので、

 

牛肉をやめて、レバーにしてみるとか工夫してみると効果出てくるかもしれません

 

他には、「豆類」であったりとか「芋類」「野菜類」には多くビタミンが含まれています。

 

 

 

 

次に大切にして欲しいのが、「水をたくさん飲む」ということです。

 

水分不足になると体に老廃物がたまり、皮膚を栄養状態も悪化し

 

ニキビが出来やすくなります。

 

できれば、一日1・5〜2リットルの水を飲むようにしてください。

 

 

 

無料でニキビが治る?

 

ニキビ治療をした人は、知っていると思いますが

 

ニキビ治療にはお金がかかり、だいたい1回数千円かかります。

 

「ニキビを治すのにあまりお金をかけたくない。」

 

という人は、ニキビ治療モニターに参加してみるのもいいと思います。

 

 

 

 

 

 

専門医の先生が見てくれることがとてもメリットですね

 

そして参加協力費ももらえるところが多いです。

 

 

協力者の人たちのおかげで、新たにニキビ治療薬も開発されるのです

 

ニキビに悩む人たちが少なくなるようになっていけたらいいですね。