治験臨床アルバイト

国民の27%が糖尿病って知ってた?

2011年、国民生活基礎調査から発表された結果には

 

糖尿病が「強く疑われる人」は男性の15.7%、女性の7.6%

 

「予備軍」は男性の17・3%、女性の15.4%に登るそうです。

 

合わせて男性の33%、女性が23%が糖尿病か予備軍とのこと。

 

そして、現代においては大人だけではなく子供の糖尿病になっています。

 

 

 

 

糖尿病知識

 

糖尿病を簡単に説明すると、

 

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気です。

 

糖尿秒になるとブドウ糖が細胞内に運ばれなくなり

 

血液のなかに、どんどん溜まっていってしまいます。

 

 

 

 

56歳で死ぬかもしれません

 

糖尿病患者の寿命は平均寿命の70%と言われています。

 

平均寿命が80歳として、その70%ですので56歳となります

 

これは確かなデータではありませんが、

 

全く嘘ではないと思います。

 

糖尿病で長生きしている人は多くはないです

 

ですので糖尿病患者は早死なる可能性があります。

 

 

 

 

楽しく健康で長生き。。。

 

楽しく健康で長生きできたら、とても幸せですよね?

 

そんな生活をするためにも

 

予防し、既に糖尿病の人でも改善していきましょう!

 

 

 

糖尿病予防・改善

 

糖尿病の予防・改善にはまず食事から見直していかないといけません。

 

大切なポイントは、「食べ過ぎない」「バランスよく」です

 

物を食べないと人は死んでしまいますが、

 

食べ過ぎも悪です。

 

 

 

 

 

昔から腹8分目と言われます、現代人はお腹いっぱいになるまで食べる人

 

が多いので、気をつけましょう。

 

腹10分、満腹感=将来が苦しい

 

腹8分目=将来健康な体

 

どちらの人生をとるかは自由ですが、

 

苦しい思いをするのは自分ですよ。。。

 

 

 

 

次にバランスの良い食事とは、

 

バランスが良い食事といわれても、わからないと思うので

 

まずは普段の食事のなかで、「野菜」を多くとるように意識してみると

 

いいと思います。

 

肉中心の生活から、野菜をいれてみてください。

 

 

 

 

 

厚生労働省によると、

 

野菜を1日に350g以上摂取しようといわれています。

 

さすがに1日350gは厳しいだろ!

 

と思う人も多いと思いますが、

 

「最初は野菜を食べよう!」という意識からでいいと思います。

 

野菜ジュース飲んでみるでもいいと思います。

 

そして、自分の体を大切にしていきましょう!

 

 

糖尿病にかかる治療費

 

糖尿病の治療費はいくらかかるのか?

 

症状にもよりますが、3割負担だとしても毎月2千円〜約2万円くらいかかります。

 

毎月1万円の負担がかかると1年で12万もの出費になってしまいます。。。

 

この数字はかなり大きいですね、家族がいる家庭でしたら、さらにキツくなりますね

 

 

 

無料で糖尿病を診察する方法

 

現在、糖尿病またはその疑いがある方は、無料で糖尿病の検診を

 

受けることができます。

 

参加条件は20〜75歳までの男女が対象で

 

治験期間は6ヶ月から約1年くらいのところが多いです。

 

その期間の中で、10〜15回くらいの通院をすることになります。

 

 

 

 

 

やはり無料で検査が受けられることはとてもメリットだと考えられますね。

 

治験検査期間は長いですが、1度検査を受けてみたいという人は

 

行ってみてもいいと思います。