いよいよ投薬開始!

やっときました。。

 

今日は、ついに!投薬日です。

 

なんと30分の時間、薬を体に入れるとのこと。。。

 

 

 

 

 

 

 

まじか。。。

 

「30分も俺の体に注射を刺したままなんてちょっと嫌だな」

 

そんなことを思っていると。

 

だんだん投薬の時間がせまってきました(´・_・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

チクタクチクタク。。。

 

生きてきた中で、こんなに時計の針の音が

 

大きく聞こえた事があっただろうか?

 

 

 

 

 

 

それもそのはず、

 

この日の病院内は、いつもニコニコしている先生、

 

ナースのお姉さんもみんな集まり

 

集中した眼差しがギンギン伝わってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして!

 

先生が一言。

 

「それでは、そろそろ、30分間の投薬を始めていきます!」

 

「投薬を開始して体に異変など感じましたら、すぐに連絡してください。」

 

 

 

 

 

 

 

うぅ。。。

 

あと75秒後くらいには

 

俺の体に、いつもより少しきい注射を

 

ブチュっとさされてしまう。

 

やめるなら今が最後のチャンス!

 

 

 

 

 

 

 

よし!

 

「やっぱ怖い!やーめた!」

 

なんて言う人いるのかなぁ

 

そんなこと言ったら、迷惑だしな。

 

巨乳のお姉さんとも仲良くなれないしなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱりお金がほしい!!!

 

「450000円もらって、イチャイチャ遊ぶんだ!」笑

 

とか、色々妄想していると

 

私の横にナースさんがやってきて言いました。

 

「30分間は寝ないでくださいねぇ、寝ちゃったら、反応がわからないので。」

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

寝る人なんているのか!?

 

30分間も注射をブチュット刺したまま寝る人って

 

ハチに刺されたのに、

 

「ん?なんか今、蚊に刺されたみたい。」あはは(^O^)

 

とか言っている鈍感なバカと一緒くらいの

 

鈍感なやつだ!笑

 

 

 

 

 

またまたそんな事を考えていると、

 

ナースさんが横にきました、

 

そして

 

私の腕に消毒を始めました。

 

スーっとする消毒はなんか、寒気がしました。

 

そして、注射を指す場所を、

 

ポンポンと触り私の腕を確かめ始めると、

 

 

 

 

 

やっと投薬の時間が来ました。

 

注射を持ったナースさんの腕が、だんだん近づいてくる、

 

 

 

 

 

 

 

「キタ━(゚∀゚)━!神様どうか

 

「私の命だけは、お助けください。」

 

「しゃー!バッチこーい!!思いっきりブッ刺してください!」

 

 

 

 

 

 

チクっ!

 

 

 

 

 

入ってきました。

 

グニョっと私の腕に入ってきました。。。

 

そして先生の言葉で投薬が開始されました。

 

 

 

 

 

 

先生: 「10:30投薬開始します!」

 

始まった。。

 

 

 

 

 

 

「今何分たっただろうか?」

 

ポタっポタ。。。。

 

点滴がたれるとこを見ながら

 

時間が過ぎていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

11:00

 

先生: 「はい。これで治験投薬を終了します」

 

終わったー!!! 

 

ほっとした気分になりました。

 

そして、

 

それと同時に私はどうなっちゃうのか?体にどんな変化が起きるのか?

 

という心配もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

投薬30分後

 

投薬から30分がたちました。

 

治験バイトのビックイベントは薬の投薬と言っても間違いありません!

 

そのビックイベントが終了して30分経過しました。

 

 

 

 

 

 

 

先生:「体に何か違いがありましたら、すぐに教えてくださいね。」

 

そう言われていたのですが、

 

ん〜

 

イマイチ変化はなし。ってか全然変化無し!

 

ですが、これから時間がたってくると

 

変化があるのかもしれない!

 

そんなことを考えながら、今日も眠りについたのでした。。。

 

 

投薬から3日経過、体に異変が!?
のページに進む